馬油シャンプーWeb

馬油シャンプー

馬油は美しく若返るアンチエイジングオイル
馬油シャンプー
 Home  Sitemap


ウーマシャンプー全成分



ウーマシャンプー画像当サイトで一番おすすめしているのがウーマシャンプーです。実はこのサイト「馬油シャンプーWeb」を立ち上げたのもこの「ウーマシャンプー」がきっかけでした。


当時、薄毛に悩んでいた管理人の私が、馬油シャンプーを使い始めたらハゲが治ってしまったのです。私自身が一番びっくりしました。


それまでいろいろな育毛剤を試してきたのですが失敗続きであきらめかけていたところに馬油シャンプーのウワサを聞きつけ、馬油シャンプーの中でも一番高品質と言われるウーマシャンプーにたどりついたのです。


このサイトはハゲを治してくれたウーマシャンプーへの感謝と馬油のすばらしい効能を多くの人に知ってもらいたいと思い立ち上げました。


また、管理人の私自身の馬油調査の記録として毎日、コツコツと記事を書き溜めています。


ウーマシャンプー全成分一覧


 精製水
 オレフィン(C14-16)スルホン酸Na 洗浄力の強い成分。下記のアミノ酸系ベースの弱い洗浄力を補うのには最適な成分。 
コカミドプロピルベタイン 天然成分を原料とした、ベタイン系の洗浄剤。界面活性剤である。
その特性はとてもマイルドで、コンディショニング効果もある洗浄剤。
洗ったあともごわつかず、しなやかに仕上がる。ベタイン系の洗浄剤は数種類あるが、その中でもよく使われる洗浄剤である。
ベビー用のシャンプーにも使われる。
ラウラミドDEA

非イオン性の界面活性剤。シャンプーに配合すると、泡の安定性向上、起泡、増粘、などの効果が得られる。皮膚に対して刺激を緩和する作用もあり、高級シャンプーや洗顔料に使われる。コカミドDEAよりも高性能である。

コカミドDEA 非イオン性の界面活性剤。シャンプーに配合すると、泡の安定性向上、起泡、増粘、などの効果が得られる。
イソペンチルジオール 【メチルグルセスー10】(ポリオキシエチレンメチルグルコシド)
多価アルコールに分類される保湿剤です。合成ポリマー、水溶性。
スキンコンディショニング剤、保湿作用、エモリエント作用、刺激緩和作用を持つ。
フェノキシエタノール グリコールエーテルというアルコールの一種であり各種薬剤の溶剤になる。緑膿菌に対して殺菌作用をもつが、殺菌作用は万能ではない。そのため化粧品成分としては、パラベンと併用されることが多い。
ポリクオタニウム-10 皮膚や毛髪に吸着し薄い皮膜を形成することにより、保湿効果やコンディショニング作用、帯電防止効果を現します。ヘアケア商品や各種化粧品に帯電防止剤やコンディショニング剤、保湿剤として配合されます。
クエン酸 クエン酸は有機酸の一つで、主に柑橘類などに酸味成分として含まれています。 通常、食べ物を摂取すると、体内で吸収されてブドウ糖に変わり、さらに酵素、ビタミン、酢によって燃焼されエネルギーとなって消費されますが、このブドウ糖が完全燃焼されないと、焦性ブドウ糖ができ、これが筋肉に蓄積されると、一部が疲労の原因物質といわれる乳酸に変化します。
メントール  l−メントールとは、ハッカやセイヨウハッカなどの植物に含まれる揮発性の精油成分である。一般的に清涼剤として、食品や夏用シャンプーやボディーローションに使われる。
ココイルアラニンNa  ヤシ油由来のアミノ酸系の洗浄剤。いわゆる界面活性剤。その特徴はとてもマイルドに汚れを落とす。洗浄力は控えめ。肌と同じ弱酸性で、安全性も高い洗浄剤。
ココイルグルタミン酸TEA  ココイルグルタミン酸TEAは、グルタミン酸とN‐アシルアミノ酸塩からなる合成界面活性剤です。L‐グルタミン酸をアシル化したトリエタノールアミン塩です。 洗浄剤、乳化剤、ヘアコンディショニング剤として使われます。水に溶けやすく、気泡力、洗浄力があります。 石けん、洗顔料、シャンプー、リンス、化粧水、乳液、クリーム、頭髪化粧品などに使われます。 皮膚と同じ弱酸性で使用後に滑らかな感触が得られます。毛髪の保護、修復効果があるとされています。
ココイルメチルタウリンNa  ヤシ油とタウリン誘導体で構成される界面活性剤。
とても低刺激で、泡立ちも良い。
タウリンはアミノ酸にとても近い成分で、
文献によってはアミノ酸系洗浄剤に分類されている。
洗いあがりはさっぱりタイプでしなやかにふんわり仕上がる。
かなり高価な成分のようである。
ラウロイルメチルアラニンNa  ヤシ油とタウリン誘導体で構成される界面活性剤。
とても低刺激で、泡立ちも良い。
タウリンはアミノ酸にとても近い成分で、
文献によってはアミノ酸系洗浄剤に分類されている。
洗いあがりはさっぱりタイプでしなやかにふんわり仕上がる。
かなり高価な成分のようである。
馬油 馬油とは 参照ください。
クララエキス  マメ科植物のクララの根から抽出されるエキスです。化粧品では発毛促進作用、抗菌作用、美白効果、日焼け予防、血行促進効果、収れん作用などが期待されます。また、ふけ・かゆみ防止用の頭髪化粧品にも配合されています。さらに解熱や解毒作用、抗菌作用などの働きのため、漢方の分野では消炎剤に使用されています。
センキュウエキス  セリ科植物、センキュウの根、茎から抽出したエキス。
成分には、クニデライト、センキュウノライドなどの精油とフェルラ酸を含む。血行促進効果、消炎効果、鎮静効果があるので、くすみ予防、肌荒れ予防の目的の化粧品に配合される。
トウキエキス  セリ科の多年草「トウキ(当帰)」又はその他近縁植物の根から抽出されるエキスの事。クマリン誘導体(ベルガプテンやスコポレチン)などを含みます。血行促進作用(スコポレチンの血圧降下、抹消血管拡張作用による)や育毛効果、抗炎症作用、抗アレルギー作用があり、各種化粧品や育毛剤、入浴剤などに配合されます。ベルガプテンは光毒性があります。ベルガプテンはベルガモット油に含まれる事でも知られます。
センブリエキス  センブリエキスとは、リンドウ科の植物センブリからアルコールなどで抽出し得られたエキスである。有効成分には、フラボノイドや苦味成分がある。別名:当薬。
センブリの名前は、千回煎じても、なお強い苦味を有することから千振、すなわちセンブリと呼ばれ、古くから我が国で民間薬として健胃、腹痛、皮膚寄生虫の駆除、感冒、月経困難、胎毒、じんましんなどに汎用されてきた。センブリエキスは、毛根によく浸透し、育毛作用がある。また、そのほか、胃液分泌促進効果、胆汁分泌増加作用、中枢抑制作用、肝臓障害抑制作用等さまざまな作用が確認されている。美しい眉を描き、眉毛の栄養によいので、眉墨などに入れられる。ヘアケア製品にも多用されている。
アロエベラエキス-1   アロエベラエキスとは、アロエベラの葉から抽出されエキスの事。アロインやアロエ・エモジン、多糖類、タンニン、ステロイド、有機酸、アミノ酸、グルクロン酸などを含み、保湿効果や抗炎症作用、美白効果(紫外線吸収作用やチロシナーゼ活性阻害作用)、収斂作用があります。各種化粧品や日焼け止めなどに配合されます。火傷やにきび(ニキビ)、傷、肌荒れ等に効果があります。
BG  BGとは、1,3-ブチレングリコールの略であり、グリセリンよりもさらさら感を得られる保湿性のある液状水溶性成分である。
BGは、多価アルコールの一種で、水となじみもよく、潤いを保ちみずみずしい肌にする目的で化粧品に広く用いられている。アルコールとしての性質として、制菌作用もあるため、BGには製品を安定に長持ちさせるはたらきもある。生薬成分やハーブなどの有効成分を抽出する際の抽出液(溶剤)としても使われるが、エタノールなどに比べて皮膚への刺激は少ない。成分表示の順番としては水・エタノールなどに並んでわりと上のほうに書かれている場合が多い。
アルニカ花エキス  アルニカとはキク科の植物で、このオレンジ色の花のエキスを摘出したものがアルニカ花エキスです。花だけでなく根からエキスを摘出する場合もあります。アルニカ花エキスには、フラボン・タンニン・サポニン・カロチノイド・トリテノイド・トリテルペンなどの成分が含まれ、血行促進、消炎効果、保湿などの働きがあります。また、脱毛を防ぐ効果もあるといわれていますので、最近ではセルライトの除去作用も期待されています。この優れた効果を利用し、肌荒れ・ニキビなどの肌トラブルを防ぐ目的として、アトピー性皮膚炎や敏感肌の人のための成分として、また、血行促進・保湿性を利用した化粧品の成分として幅広く活用されています。商品としては洗顔料、化粧水、乳液、クリーム、クレンジングクリーム、マッサージクリーム、美容液、石鹸、シャンプー、リンス、頭髪用育毛剤、ボディ用マッサージクリームなどがあります。
オドリコソウ花エキス  オドリコソウ花エキスとは、文字通り、オドリコソウの花から摘出されるエキスのことです。花以外にも茎や葉からもエキスを摘出できます。オドリコソウとはシソ科の植物で、北海道から九州まで全国各地に分布する多年生草本です。オドリコソウは、白または淡紅紫色の花を輪生状につけます。花の形が,笠をかぶった踊り子の姿を思わせることからオドリコソウとつけられ、「踊り子草」とも書きます。この花は薬草でもあり、若芽はお浸しなどの食用として、根は煎じて患部に塗ると打撲や腫れ物などに効果があるといわれています。成分はタンニン・フラボノイド・生体アミンなどで、収れん・浄血・止血・消炎・保湿・浄化作用があります。主に化粧品の成分として、またシャンプー・リンス・コンディショナー・育毛などの頭髪剤の成分として活用されています。
オランダカラシエキス  オランダカラシエキスとは、オランダカラシの葉や茎、もしくは全草から摘出されるエキスのことです。オランダカラシはアブラナ科の多年草植物で、別名、クレソンや、みずがらし、オランダミズガラシ、ウォータークレスとも呼ばれています。オランダカラシの主な成分は、辛味配糖体のシニグリンやビタミン、豊富なミネラル類です。また、葉酸含量にはカロテン、鉄なども多く含まれます。オランダカラシは、肉料理や魚料理などの彩りや付け合せに用いられることが多い植物ですが、血行の改善に効果があるといわれています。また、カルシウムの含有量が多く、カルシウム不足を補う食物としても活用されています。血行促進性だけでなく、抗脂漏性、保湿、肌改善、皮膚細胞活性、発毛促進などの効果もあるため、シャンプー・リンス・化粧水・パックなどの化粧品・育毛剤などの頭髪用化粧品にこの成分が配合されています。
ゴボウ根エキス  ゴボウはキク科の多年草で、ユーラシア大陸が原産です。このゴボウの根から摘出したものがゴボウ根エキスです。ゴボウは、薬草として中国から日本に伝来したといわれ、ゴボウ根は発汗利尿作用、種子(悪実:あくじつ)は、浮腫、咽頭痛、解毒、化膿止めに用いられます。日本では、乳腺炎に種を炒ったりそのまま食べる方法も使われます。ゴボウの歯ごたえは独特で、この歯ごたえの素は炭水化物の一種のイヌリンと繊維質のセルロースという成分です。イヌリンは血液の中のインスリン(インシュリン)濃度を下げる働きがあり、これが、すい臓と腎臓の機能を高めるといわれています。一般的にゴボウには食物繊維が豊富だといわれていますが、食物繊維の中のセルロースという成分は腸の働きを良くする作用があり、そのセルロースが腸を刺激し、体の中から発ガン性物質などの有害物質を排泄してくれます。保湿作用、脱毛やフケ予防作用、発汗作用、血行促進作用があるのでクリーム、化粧水などの化粧品や、頭髪用化粧品などにゴボウ根エキスが配合され使用されています。ちなみに中国では食用ではなく漢方として利用され、ゴボウ根を食用としている国は日本と台湾だけです。
セイヨウキズタエキス  セイヨウキズタとはウコギ科の植物で、セイヨウキズタの茎や葉から抽出されるエキスがセイヨウキズタエキスです。このエキス自体は褐色から緑褐色の透明な液体で、わずかですが独得な臭いがあります。かつてギリシャでは、セイヨウキズタは「誠実」を象徴する魔法の草と考えられ、赤くなった肌を癒すのに、このセイヨウキズタが使用されたそうです。またヨーロッパでは、セイヨウキズタの「粘膜炎症の鎮静効果」が有名で、古くから民間療法に利用されていました。セイヨウキズタエキスには、たるみ・シミ・くすみの原因となる肌の根底細胞層に働きかける「収れん効果」があり、これがキメの整った肌に保つといわています。また、消炎効果、収斂効果、鎮静効果があるので、現在では、肌荒れ防止の目的や、毛穴をひきしめキメ細かい肌に整える目的の化粧品に、セイヨウキズタエキスが配合されています。
ニンニクエキス  ニンニクエキスとは、ニンニクから熱水抽出などの方法で得られたエキスでである。有効成分のアリシン、酵素、ビタミン類などを含み、疲労回復・健胃・整腸作用などがある。
ニンニクのアリシンには、強力な殺菌、抗菌力があり、スコルジンは、強壮作用や新陳代謝を盛んにし、ビタミンB1の効果を高める働きもある。無臭にんにくエキスなどがある。カプセルや錠剤になったサプリメントがある。ニンニクの独特な強いにおいの元はアリシンで、これを無臭化した無臭ニンニクエキスが出回っている。ニンニクのサプリメントには、黒酢にんにく、梅にんにく、にんにく卵黄などの種類がある。ニンニクエキスは殺菌・細胞活性の働きがあるとして、美容液やパック、育毛剤などに入れられている。
セイヨウアカマツ球果エキス  セイヨウアカマツ球果エキスとは、セイヨウアカマツの球果をPG(プロピレングリコール)や精製水などで抽出して得られるエキスのことで、黄褐色の液体です。またセイヨウアカマツやオウシュウアカマツなどを総称してマツエキスとも言われます。球果だけでなく、花芽や葉から抽出するものもあります。成分はテレピンチナ、樹脂。 マツの樹幹に切り傷をつけて、滲み出した物を採取したものがテレビンチナで、テレビン油(精油)や、ロジン(固形の樹脂)の原料としても使用されます。効果としては、収れん、創傷治癒、消炎作用、皮膚の湿潤・防腐・皮膚再生効果や消臭・芳香・清浄があります。主に髪の潤い成分や発毛・育毛・養毛の有効成分としてのヘアケア商品、肌の潤い成分やしみ・しわ・そばかすなどのお肌の保護成分としての化粧品などに配合されています。
ローズマリーエキス  マンネンロウの葉や花から抽出されるエキスです。芳香性があります。成分にはフラボノイド、タンニン、精油などが含まれています。消炎作用、抗菌作用、抗酸化作用、血行促進作用などがあるため、アンチ・エイジング、肌あれやにきびの予防を目的とする化粧品に多く使用されています。
ローマカミツレ花エキス  ローマカミツレ花とはキク科の欧州原産の多年草で、薬用植物として有名です。黄褐色の透明な液体で、芳香と苦味があり、ビールの苦味付けに利用することもあります。カミツレとは和名で、別名カモミールとも呼ばれます。カミツレにはジャーマン種とローマン種の2品種があり、ローマ種のローマカミツレ花から抽出したエキスがローマカミツレ花エキスです。ジャーマン種は花だけに深い芳香がありますが、ローマン種は花だけでなく茎・葉にも芳香があり、またそれぞれに効果が違います。ローマカミツレ花エキスにはリラックスできる鎮静効果があり、健胃(消化促進)作用もあるためヒステリーや不眠症、消化不良、うつ病やアルコール依存症による震えなどに効果的とされ、発汗解熱、消炎作用、解毒作用もあるため、抗炎症・創傷治癒促進、殺菌・防腐・傷の治癒に利用されています。肌荒れ防止の化粧品やシャンプー・コンディショナーにも良く利用されています。
セイヨウオトギリソウエキス  セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)の全草から抽出される。民間では生の葉のしぼり汁を創傷、打撲傷に塗る。エキスには抗炎症作用、収れん作用のほか抗シワ効果もある。
サボンソウエキス  ナデシコ科植物のサボンソウの葉や根などから抽出して作られたエキスで、淡緑褐色から褐色の透明な液体で少し独特のニオイがあります。成分はサポニン類を多く含んでいるのが特徴で、その他フラボノイド配糖体を含んでいます。洗浄効果に優れているので、汚れを取り除き、皮膚や毛穴を清潔に保つための洗顔料やシャンプー、パックなどに配合されています。また、古い角質を取り除く効果もあります。
セージ葉エキス  セージ葉エキスとは、シソ科の多年草(または常緑低木)「セージ」の葉から抽出されるエキスの事。フラボノイドややタンニンなどを含み、抗菌作用や抗炎症作用、抗酸化作用、血行促進作用、収斂作用、育毛効果、デオドランド効果、肌荒れ防止効果があります。各種化粧品や育毛剤、洗顔料、歯磨き粉などに配合されます。
トウキンセンカ花エキス  キク科のトウキンセンカ(カレンドラ)の花から抽出される。カロチノイド、サポニン、フラボノイドなどを含み、消炎作用、鎮痛作用、外傷や湿疹の治療を促進する。抗炎症効果にすぐれており、敏感肌用途に多く使用される。
ホップエキス アサ科の多年草「ホップ」から抽出されるエキスの事。タンニンやフラボン配糖体、イソフムロン、キサントフモールなどを含み、抗菌作用や抗酸化作用、保湿効果、育毛効果、エストロゲン様作用(女性ホルモン様作用)、抗アレルギー作用、抗炎症作用、収斂作用があります。にきび肌(ニキビ肌)用化粧品や脂性肌用化粧品、育毛剤、アンチエイジング用の商品などに配合されます。香料としても配合されます。
レモン果実エキス ミカン科の常緑低木「レモン(檸檬)」の果実又は果汁から抽出されるエキスの事。特有の芳香がある。クエン酸やビタミンC、カリウム、ビタミンB1などを含み、美白作用や収斂作用、ピーリング作用、保湿効果などがあります。香料としても配合されます。
黒砂糖 サトウキビの絞り汁を煮詰めて作る黒褐色の砂糖である。甘味料として用いる。
エタノール  アルコールのひとつ。慣用名としてエチルアルコールと呼ばれる。酒類のの主成分であるため酒精とも呼ばれる。 数多くあるアルコール類の中でも、最も身近に使われる物質の1つである。揮発性が強い。殺菌・消毒の用途で広く用いられている。
オタネニンジンエキス ウコギ科の多年草「オタネニンジン(御種人参)」の根から抽出されるエキスの事。サポニンや糖タンパク質、アミノ酸、ビタミンなど含み、抗酸化作用や保湿効果、血行促進作用、抗炎症作用があります。肌荒れやにきび(ニキビ)、フケ痒み、抜け毛、アンチエイジングなどに効果があります。ヘアケア商品や基礎化粧品などに配合されます。
大豆エキス ダイズエキスとは、マメ科の植物「大豆(ダイズ)」の種子から抽出されるエキスの事。イソフラボンや糖、サポニン、アミノ酸を含み、女性ホルモン様作用や育毛効果、にきび(ニキビ)予防効果(皮脂の過剰分泌抑制による)、保湿効果、無駄毛予防効果、コラーゲン生成促進作用、美白作用、抗炎症作用、抗酸化作用、収斂作用があります。各種化粧品やムダ毛・ヒゲ対策用の製品、育毛剤、ボディケア商品、シャンプー、UVケア化粧品などに配合されます。
グリチルリチン酸2K  グリチルリチン酸2Kとは、グリチルリチン酸(グリチルリチン)の二カリウム塩の事。水溶性。抗炎症作用や抗アレルギー作用、ステロイド様作用、女性ホルモン様作用があり、化粧水や石鹸、シャンプー、コンディショナー、育毛剤などに配合されます。「非ステロイド」の製品に配合される事がありますが、ステロイド様作用がありますので「非ステロイド」と言えるかは大きな疑問です。
ヒノキチオール  ヒノキチオールは、化学的に非常に特異な7環構造をしたフェノール系の物質です。
天然樹木精油の中で、ヒノキチオールは青森ひば油の中に最も多く含まれており、約1〜2%含まれています。
ヒノキチオールという名前から、日本のヒノキに含まれているように思われがちですが、通常の日本のヒノキにはほとんど含まれておりません。
それなのにどうして、ヒノキという言葉が名前に付いているのかと言うと、ヒノキチオールが最初に発見された木が台湾ヒノキだったからなのです。
台湾ヒノキは日本のヒノキとは異なる樹木で、ヒノキチオールを成分として含有しています。 しかし現在、台湾ヒノキの自生数はかなり減少しており、ヒノキチオールを抽出する原料としては厳しい状況となっております。
現在、製造されている天然ヒノキチオールは、青森ひばの木を原料としたものばかりです。ヒノキチオールは水には溶けにくい有機化合物ですが、100ppm程度の低濃度でも多くの雑菌類やカビ類、ダニなどの増殖を抑える力があります。
ごく微量で効果を発揮することから、人や動植物に対する毒性が気になるところですが、そのようなことは無く、ヒノキチオールは以前から化粧品や養毛剤に使われており、安心して使うことができます。
特に、青森ひば油由来の天然ヒノキチオールは、食品添加物(保存料)にも認可されております。 ヒノキチオール単体(純粋なヒノキチオール)では、白っぽい粉体で昇華性があります。
化学合成でつくられた合成ヒノキチオールもあり、効果的には天然ヒノキチオールと同様です。



記事を読んで気に入って頂ければ ブックマーク か いいね!を押してもらえると感謝感激です。励みになります!



 HOMEへ戻る