馬油シャンプーWeb

馬油シャンプー

馬油は美しく若返るアンチエイジングオイル
馬油シャンプー
 Home  Sitemap


植物由来のプラセンタ


 
プラセンタについていろいろ調べていると大きな疑問が出てきました。それは植物由来のプラセンタをランキングに入れるかどうかです。そもそもプラセンタとは「胎盤」や胎盤に含まれる「成長因子」を意味する言葉です。

植物には胎盤はないから成長因子だけのことを言っているんでしょう。たしかに植物由来のプラセンタは悪いものではありません、まちがいなく体にいいものだと思います。

しかし、動物プラセンタがもつさまざまな効能を植物プラセンタでは実現できません。プラセンタという名前を使うからまぎらわしいんですよね、まったく別の性質のものなんです。違うモノなので比較もできないのです。

現在、いろいろ調べていますがやっぱり動物由来のプラセンタの方がメリットがまちがいなく大きいです。
植物プラセンタを悪く言うつもりはありませんがやっぱ残念ながらランキングにはいれられないかも・・・

決定的なのは成長因子(グロースファクター)が植物プラセンタには含まれているかどうかが確認できないところです。
おそらく入っていないと思いますが・・・

 
植物由来のプラセンタ  穂のしずく   10粒 ¥2,980  

ライ麦プラセンタエキスが主成分。
1粒5mm程度のライ麦の中に種を育てる胎座があります。
その大きさは1mmにも満たないのです。
その針の穴ほどの大きさの胎座を取り出すことは至難の業ですが、人間、牛、豚…などのプラセンタについて研究していた博士は、「体に優しくても、同じように効果がなければ意味がない」と考え、試行錯誤を繰り返し、なんと30年近く歳月をかけてライ麦からのプラセンタエキスの抽出に成功したのです!


記事を読んで気に入って頂ければ ブックマーク か いいね!を押してもらえると感謝感激です。励みになります!



 HOMEへ戻る