馬油シャンプーWeb

馬油シャンプー

馬油は美しく若返るアンチエイジングオイル
馬油シャンプー
 Home  Sitemap


粗悪な馬油



馬油はすばらしいものですが、中には粗悪品もあります。馬油は前述の馬油シャンプーの選び方でも述べたように、馬油100%がおすすめです。あたりまえの話ですが馬油100%が馬油なのです。


昨今、このあたりまえができていない製品が増えてきています。売上げを重視するあまり添加剤や安定剤を加えて見た目だけをよくすることだけを考え、馬油本来の効果を失ってしまっているものも多く見受けられます。


馬油と梅雲丹の薬師堂
さんのホームページによると、類似品として代表的なものが「部分水素添加馬油」です。これは馬油に水素を添加して馬油本来の脂肪組成を組み替え性質を安定化させた成分です。


つまりは馬油を違うものに変えてしまっているいうことです。何度も言いますが馬油の最大の特徴は安定しない不飽和脂肪酸の流動性です。この不安定な流動性こそが肌のミクロの凹凸や毛穴に、奥深くまで浸透していく力を持つのです。


それを添加剤を加えて安定させてしまっては馬油の一番の長所をダメにしているということです。馬油はあくまで、成分無調整で無添加の馬油を選ぶようにしましょう。


ビタミンE配合!!などと堂々とうたって売られているものは実は良いものではないのです。素人的にはいろいろ入っていた方が良いもののように錯覚しがちです。


馬油の作り方は簡単に言うと、馬の油を煮込んで後、ろ過してから約1年寝かせるだけです。不純物を取り除く技術は近年、格段に進歩しています。


この技術の進歩により馬油の特有の臭いを抑えることができるようになりました。また純度が高まることにより腐敗しにくくなるという利点もあります。


馬油は溶けたり固まったり沈殿したりと見た目がわるく安定しないのが本物の証拠です。昔は精製技術が進んでいなかった為、独特の臭いもしました。


しかし、見てくれが悪くて、少々臭いがするくらいが本当の馬油です。決してきれいなものが いいものではありません。


記事を読んで気に入って頂ければ ブックマーク か いいね!を押してもらえると感謝感激です。励みになります!



 HOMEへ戻る