馬油シャンプーWeb

馬油シャンプー

馬油は美しく若返るアンチエイジングオイル
馬油シャンプー
 Home  Sitemap


小じわ程度なら改善は簡単?



小ジワは年齢と共にどうしてもできてしまうものです。馬油でシワがとれるということはネット上や女性誌などでも数多くとりあげられています。


馬油が、お肌を若返らせるということは古くから知られています。このサイトでも何度もその有効性を取り上げてきました。


管理人の私の場合、馬油を使用するようになったのは乾燥肌とアトピーに悩まされていたからです。
さらに育毛剤のサイトを運営していた時に馬油のすばらしさにのめりこんでいったのです。


実際私は現在、朝と晩に毎日馬油を塗っています。塗って1ヶ月で目尻の小ジワが消えました。馬油を毎日塗っていると感じるのですが、明らかに塗り始めると変化がわかります。


私の場合はシワにはあまり興味はありませんが、おそらく小ジワ程度なら馬油でかなり改善できると思います。


「半身浴と馬油の相乗効果」でご説明した通り、馬油パックと半身浴を実践すればかなりの確立でシワは改善できると思います。


馬油でシワがとれると、こんどはシワができるのが怖くて馬油を手放せなくなった人もいるくらいです。


馬油でシワがとれるメカニズム


馬油でなぜシワがとれるのかというと、それは馬油の不飽和脂肪酸の働きが最も大きいと言われています。不飽和脂肪酸はオレイン酸やリノール酸など数種類あります。


不飽和脂肪酸はその強力な浸透力が特徴で肌のミクロの隙間まで入り込んで、空気を追い出し完全に油による保護膜をつくります。その浸透力は毛細血管がある皮下組織まで浸透して、血液に栄養として取り込まれるとも言われています。


近年、ナノテクノロジーによる化粧品や薬などの有効成分を超微粒子化して、肌の奥まで浸透させる技術が発達してきていますが、馬油はすでにナノのレベルでの浸透を実現しているのです。


馬油によって形成された油の保護膜は、まず雑菌を油に取り込み外へ逃がしません。この効果が殺菌作用として現れます。


また、殺菌と同時に馬油の保護膜は、保湿と保温を同時に行い、お肌の潤いを保ちます。さらに血流を促進し、新陳代謝を活発にして肌のターンオーバーを正常化して、新しい細胞が生まれる助けとなります。


したがって、お肌の血行不良や代謝不足でシワが出来ている人は馬油でシワを改善できます。


さらに馬油は不純物が入っていないので食べても大丈夫なくらいの安全性があります。添加剤だらけの化粧品とは大きくことなります。


いくら無添加、自然素材をうたっていても、実際に食べれる化粧品はどれほどあるのでしょうか?


私の感想ですが、馬油を塗り始めると、肌がしっとりしてきてハリがでてきます。顔色がよくなったと言われました。小ジワが消え、悩んでいた乾燥肌のかゆみがなくなりました。


個人差はもちろんあるはずですが、シワがひどい人ほど効果がわかるはずです。もちろん健康でシワの無いひとに塗っても効果はわかりずらいとおもいます。


効果があったか無いかは相対の問題です。現状と比較して相対的に改善できたかどうかということです。ですから状況が悪ければ悪い人ほどその改善余地が大きいのです。


その改善のギャップが大きいほど良く効くということになるのです。


本当に大切なのは健康


馬油ですべてのシワが消えるわけではありません。シワは加齢による老化現象で誰にでも平等にできてきます。しかし、シワができるのを遅らせたり、軽減させることは可能です。


シワは生活習慣、喫煙、飲酒、冷え性、胃腸、疾病、ストレスなど様々な要因により有害な活性酸素が体内に発生し、お肌を酸化(老化)させてできる現象です。また年齢とともに代謝能力が落ちるので、若い頃のように新しい細胞に生まれ変わるのが遅くなってしまいます。


これらの原因は馬油では治せません。馬油を使用するのはとても良いことですが、その前にもう一度、健康という大事なことと向き合ってみてはいかがでしょうか?


毎日、規則正しい生活をしていますか?バランスの取れた食事をとっていますか?ストレスを溜め込んでいませんか?運動不足になっていませんか?


シワをとるためには心も体も健康でなくてはいけません。馬油を塗ってもシワがとれない方は、馬油のせいにしないで、自分の健康状態を考えましょう。健康な体にこそ馬油の効果は発揮されるのです。


もちろんすべての人に効く万能のシワ取り薬はありませんが、馬油は正しい用いればほとんどの方にその良さを実感していただけると思います。


記事を読んで気に入って頂ければ ブックマーク か いいね!を押してもらえると感謝感激です。励みになります!



 HOMEへ戻る