馬油シャンプーWeb

馬油シャンプー

馬油は美しく若返るアンチエイジングオイル
馬油シャンプー
 Home  Sitemap


馬油と合わせて使いたい医薬品の育毛剤



世界最強と言われる育毛剤、プロペシア(フィナステリド)とは



プロペシアとはAGA(男性型脱毛症)を抑制する育毛剤です。もともとは前立腺肥大や前立線がんの治療薬として使用されてきました。しかしプロペシアを服用している患者に異常発毛が多く確認されたことから、育毛剤として注目されるようになりました。


米国の医薬品メーカーであるメルク社が世界で初めて医療用の育毛薬として開発しました。「プロペシア」とはメルク社の商品名になります。プロペシア(成分名:フィナステリド)はFDA(米国食品医薬局)で認可され。1998年1月21日より処方が開始されました。


世界60ヶ国以上で販売され、最強の育毛剤と言われています。国内でも2005年12月14日に万有製薬から発売が開始され、現在では約13,000の医療機関で処方されています。


プロペシアはAGAを抑制する



AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンのテストロゲンが5α-リアクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストロゲン)というホルモンに変化して毛母細胞の働きを抑えてしまい脱毛が発症します。


プロペシアの成分であるフィナステリドは5α-リアクターゼTypeUの働きを抑えてテストロゲンがDHTに変化するのを防ぎ脱毛を抑えることができます。


 プロペシアの高い効果


プロペシアを内服した国内臨床試験のデータがあります。


プロペシア1mgを投与した場合の(万有製薬臨床試験より)
   改善  維持(変化なし)  進行(効果なし)
 投与1年 58%  40%   2%
 投与2年 68%  31%  1%
 投与3年 78% 20%   2%

個人差がはありますがプロペシアの効果が現れるのは3ヶ月〜半年になります。もちろんすべての人に効果があるわけではありませんが上記データの通り、とても高い確率で改善がみられます。プロペシアは医療用医薬品で購入には医師の処方が必要です。治療費は健康保険の対象にはならず全額自己負担になりますので1ヶ月の治療費は数万円になってしまいます。


プロペシアの副作用


プロペシアの使用者の約2%に勃起不全、性欲減退、精子の減少といった副作用が現れるというデータがあります。他の副作用としては排尿障害、頭痛、腹痛、下痢等が報告されています。特に注意すべきは女性は服用禁止ということです。


服用は成人男性のみで未成年の子供に与えてもいけません。妊娠中の女性はプロペシアに触ってもいけません。皮膚を通して体内にプロペシアが吸収された場合、男の子の胎児の生殖器に障害を与える危険性があります。


使用に関しては保管を厳重にして用法用量を守り、リスクを考慮して服用してください。


プロペシアのジェネリック薬(フィンペシア)


ジェネリックとは一言でいうと「後発」ということです。特許が切れると誰でも真似して製造販売できる為、価格が一気に下がります。正式にはプロペシアのジェネリックはありません。プロペシアの特許は2019年まで有効です。


ではなぜジェネリックのような薬品が存在するのか?ここではフィンペシアを紹介します。フィンペシアは製造元のインドが特許に制限されない国だからジェネリックを製造できてしまうのです。育毛は長期戦なのでやはりコストの安い、フィンペシアをおすすめいたします。


ニセモノも横行していますのでご注意ください。当サイトでは輸入代行業者としてはアイドラックストアーさんをオススメします。
プロペシアは日本では医師の処方が必要になります。しかも病院に行けば保険がきかない為、全額自己負担です。


1ヶ月に2〜3万円はかかります。それを考えれば輸入のジェネリック薬は安すぎです。私も馬油シャンプーとともに愛用しています。
愛用しているというか、薬を飲まなくなったらまたハゲるんじゃないかと不安になってしまいます。



記事を読んで気に入って頂ければ ブックマーク か いいね!を押してもらえると感謝感激です。励みになります!



 HOMEへ戻る