馬油シャンプーWeb

馬油シャンプー

馬油は美しく若返るアンチエイジングオイル
馬油シャンプー
 Home  Sitemap


蓄膿症(ちくのう症)に馬油



蓄膿症はとても治りにくい病気です。手術しても再発は珍しくありません。臭いウミがいつも出続ける慢性になることが多くあります。臭覚がおかしくなって臭いがかぎとれないようになったり、ウミで胃腸を壊したり、とても苦痛を強いられる病気です。


馬油の使い方としてはまず、風邪と同じ方法で、仰向けのま朝昼晩と1日3回、馬油を鼻の穴から注入します。しかし、さすがの馬油でもちょっとやそっとでは治りません。


効果が現れてくるのは半年後くらいでしょう。ウミが止まってから、1週間くらいは傷が完治していないので出血するでしょう。ウミが血に変わるのです。


鼻をかんでも出血しないようになれば、あとは序々によくなっていきます。ウミがとまったならその後、1ヶ月くらいで治るでしょう。


なかなか効果は現れませんので、辛抱強く半年は1日3回の馬油を鼻に注入しましょう。継続しなければ意味がありません。


記事を読んで気に入って頂ければ ブックマーク か いいね!を押してもらえると感謝感激です。励みになります!



 HOMEへ戻る