馬油シャンプーWeb

馬油シャンプー

馬油は美しく若返るアンチエイジングオイル
馬油シャンプー
 Home  Sitemap


馬油に含まれるビタミンEがガンに有効か?



馬油を塗って腹部の脂肪が取れたという例は多々あります。これは皮膚から体内に入った馬油が、臓器のまわりに付着した脂肪の増加を抑えるからということが考えられます。


ビタミンE過酸化脂質とは体内の脂肪が酸素と結合して生じる現象です。ビタミンEが注目される理由はその抗酸化作用にあります。ガンは現在「国民病」といっていいくらいに多い病気です。


若い人でガンにかかることが少ないことから、老化とガンの係がとりざたされていますが、過酸化脂肪の増加が老化現象に密接につながるので、ガンを防ぐためにはビタミンEを投与すればよいという意見がではじめたのはその為です。


ネズミをつかって、ビタミンEと発ガンにする実験が行われた。まずネズミを三つのグループに分けました。第1のグループはビタミンE欠乏群。第2グループはビタミンE過剰群。そして第3のグループはその中です。


皮膚ガンの発生を見るためにネズミたちにコールタールが塗られた。


結果はどうだったのか。結論から先にいうと、ビタミンEの欠乏していたグループに皮膚ガンの発生率が最も高かったのです。ガンになった人が患部に馬油を塗って治ったという例もあります。


馬油がガンに有効なのか今後も注目していきたい。


記事を読んで気に入って頂ければ ブックマーク か いいね!を押してもらえると感謝感激です。励みになります!



 HOMEへ戻る